Yuasa
Yuasa

醤油発祥の地、紀州湯浅までひとっ走り。その起源は鎌倉時代(1254年)にまでさかのぼるそうです。

紀州由良禅寺「興国寺」の開祖「法燈円明國師(ほうとうえんめいこくし)」が、中国(南宋)の金山寺から持ち帰った金山寺味噌(経山寺味噌)が、当時、興国寺では野菜と大豆から作られる金山寺味噌を健康食として盛んに醸造され、やがて湯浅周辺の山漁村に伝わりました。
金山寺味噌を醸造する際、使われる瓜や茄子などの、野菜から余分な水分(たまり)がしみでてきます。
もともと捨てられていたこのたまりを調味料として使ってみるとなかなか美味で、そこで初めからこのたまりを利用するつもりでつくれば、「新しい醤(ひしお)」つまり調味料ができるのではないかと考え、改良に改良を重ね、やがて醤油となりました。
これが日本における醤油の起源あると伝えられています。

江戸時代から続く古い町並みがいまも保存されていて、歴史的にも貴重な遺産の一つとなっているそうです。

湯浅

大きな格子窓は妻籠宿や高山の町並みでも多く見ましたが、こちらの町では格子窓に飾り窓をつけ当時をしのばせる古い小物たちが飾られていました。

湯浅 格子窓

明治から昭和に入るまでは熊野古道の宿場町として紀州の中心知的な存在でかなり栄えていたそうですが、地の利の悪さと生活様式の変化などで徐々にその色を失っていったそうです。

醤油の蔵元も昔は92軒もあったそうですが、江戸時代から続く蔵元は1軒のみを残すだけで昭和の初期には全て閉めてしまったようです。

湯浅 角長

今回は角長(かどちょう)さんでたまりとひしおを購入。生成りの醤油はお久しぶりです。やっぱりお刺身かな〜(笑)

それと忘れちゃいけない金山寺味噌!こちらは太田久助吟製さんで購入。どちらのお店も気持ちのよい応対でした。

湯浅 太田久助吟製

この後、甚風呂を見学するための待ち時間でご休憩。町の保存委員の方に湯浅の歴史や現状などのお話を伺い、古い町並みを保存していくことの難しさを改めて知る事のできた1日でした。

0 comments

No comments yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">