Remains of a cannon battery
Remains of a cannon battery

8月最終日、加太にある旧陸軍の砲台跡地を訪れました。
友ヶ島が目の前に広がり、その奥には淡路島を望む景観の良いところ。

少し小高い山を登って行くとレンガ作りの弾薬庫の後があります。
鬱蒼とした雑木に囲まれて、歴史から取り残された印象を受けます。

kada7

kada3

kada1

kada6

kada5

ラピュタのように自然に隠され忘れられた地のイメージ、、、とはいえ、自然がいっぱいということはこの時期、、、蚊もいっぱい。写真を撮るために立ち止まると、たちどころに集まってきます(==;)

自然と一体化するということは完全防備で立ち向かう事と改めて思い知らされた一日でした。

0 comments

No comments yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">