L’Hymne à l’amour

言わずと知れたエディット・ピアフの代表作で最高傑作じゃないでしょうか?

piaf

初めてこの曲を聴いたのは彼女の自伝映画『愛の讃歌 エディット・ピアフの生涯』(1974年・仏:監督:ギイ・カザリル)の中で。子供だったので歌の意味なんてま~ったくわかってませんでしたが、なぜだかすごく気分が高揚して、兄に頼んでサントラ版のレコードを何度も何度もかけてもらった記憶があります。

Le ciel bleu sur nous peut s’effondrer
Et la terre peut bien s’ecrouler
Peu m’importe si tu m’aimes
Je me fous du monde entier
Tant que l’amour inondra mes matins
Tant que mon corps fremira sous tes mains
Peu m’importe les problemes
Mon amour puisque tu m’aimes

J’irais jusqu’au bout du monde,
Je me ferais teindre en blonde
Si tu me le demandais
J’irais decrocher la lune
J’irais voler la fortune
Si tu me le demandais
Je renierais ma patrie
Je renierais mes amis
Si tu me le demandais
On peut bien rire de moi,
Je ferais n’importe quoi,
Si tu me le demandais

Si un jour la vie t’arrache a moi
Si tu meurs, que tu sois loin de moi,
Peu m’importe si tu m’aimes
Car moi je mourai aussi
Nous aurons pour nous l’eternite
Dans le bleu de toute l’immensite
Dans le ciel plus de problemes
Mon amour crois-tu qu’on s’aime

Dieu reunit ceux qui s’aiment

日本語の訳詞で聴いたのはもちろん越路吹雪さんで。この時は歌の内容よりも彼女の化粧の濃さがあまりに印象的で・・・その後もいろんな方のカバーで聴く機会が多く、年を重ねるごとに言葉の重さというか、深さというか・・・そのあたりが沁みるようになってきました。

2 comments

  • にゃんば より:

    FB、どうしたの?
    アカウントを削除しちゃったの?
    このコメント欄に書き込みにくいことだったら、直メールでも構いません。
    一言ご連絡を!!!

    • osaru より:

      にゃんばさん
      コメントありがとうございます。
      後でメールにてご連絡させていただきますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">