Indulge in reminiscence

夢二の愛した花の一つ、椿。
春の訪れを告げる花でもあります。

tsubaki1

まだ寒さの残る山間で咲くその姿は凛として美しく、目を奪われてしまいます。

tsubaki2

椿は祖母の好きな花でもあり、山に行くと必ずヤブツバキを一枝折って持って帰って来て大切そうに挿し木をしていた彼女。乙女椿、藪椿、寒椿、侘介、いろんな種類の椿がこの時期、彼女の庭先を彩っていました。

tsubaki3

彼女がどうして椿を好きだったのかを聞く事はもう出来ないけれど、この花を見ると彼女と過した日々を懐かしく思い出します。

0 comments

No comments yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">